スノーボードをはじめてする人の練習方法

初心者のための練習方法

私自身が教えているスノーボードをはじめてする人の練習方法について書きます。

まず知って欲しいのは、初心者の敵はズバリ恐怖心です。

まずは恐怖心を取り除くことが大事でしょう。恐怖心はどこからくるの?

それは、自由にスノーボードが使えないこと。そして思い通りに体が動かせないことです。

まず滑る前に頭に入れておきたいことがあります。それはスノーボードは落下スポーツです。落下による推進力を上手にコントロールすることが早い上達に繋がります。

レッスン1 木の葉

体の力を抜いてゆっくり滑ってみましょう。木の葉のようにゆらゆらと左右に滑ります。進行方向に重心移動し指差しと目線を向けると滑り易くなります。スピードが出た場合は山側に切れり上がるようにして減速するかサイドスリップの要素使い減速しましょう。スピードが出ても慌てずに対処することでコントロールが上手になっていきます。

木の葉は山側のエッジでおこないます。体は谷に向いているときも山を向いているときもあります。どちらも山側エッジになります。かかと側のエッジ(ヒールエッジ)とつま先側のエッジ(トウエッジ)両方練習しましょう。

注意点

膝を伸ばした状態にしない。膝を軽く曲げた中腰くらいが望ましいです。どうしても膝が伸びてしまう場合は平たんな場所で板を外し、装着しない状態で姿勢を覚えるとよいでしょう。

※苦手の方を多く練習するようにしましょう。なぜなら連続ターンはトウエッジとヒールエッジの切り替えによって成り立っているからです。得意な方だけ練習してしまうとターン動作で苦戦します。

レッスン2 直滑降からの停止(ターンからの停止)

進行方向に重心移動し直滑降の状態になったときに後ろ足を90度振り出すように操作しサイドスリップの状態を作りましょう。後ろ足操作が難しい場合は先に上半身を谷方向(下方向)ひねります。これは上半身のねじれを戻そうという動きを利用します。ねじれが戻ったところで止まりましょう。トウエッジ側とヒールエッジ側、両方できるまで練習しましょう。

ポイント 

注意点

恐怖心をいだきやすいやすいです。ごく緩い斜面で練習しましょう。

  • ゆっくりできるだけ大きく上半身をひねること。ひねりが小さいと回転力が生まれにくい。
  • 目線は上半身以上に回すようにしましょう。目線が止まると体の回転も止まります。
  • 前足に体重が乗るようにしましょう。上半身のひねりと同時に体重が後ろ脚(テール)側に体重移動(後傾)してしまうとターンが難しくなります。

レッスン3 連続ターン

上半身のねじれ(ローテーション)をうまく使い連続ターンに繋げていきましょう。ターンからの停止ができれば連続ターンは目の前です。

注意点

重心移動と上半身の強いローテーションと後足の振り出しが重要です。

脱初心者編レッスン1~3を習得するとゲレンデを自由に安全に移動できるようになります。きっと今よりもっと楽しいスノーボードライフが待っています。 Accent 1

コメント